ServAir

お問い合わせ

導入事例 | 横河ソリューションサービス株式会社

横河ソリューションサービス株式会社 Yokogawa Solution Service Corporation

SevAirを段階的に導入中。まずはフィールドサービスを導入し、サービスエンジニア、代理店サービスエンジニアの約2,500名で利用。

24時間365日のサービス要請をグローバルで受ける弊社サービス業務では、迅速な対応が要求されます。 従前よりサービスシステムを利用していましたが、 この度、ハードウェアの老朽化、サーバOSのサポート切れに伴い、 ServAirの導入を決定し、サービスシステムを刷新しました。 当社では、全社基幹業務にERPシステムを活用しています。 YOKOGAWAのサービス業務は多機能かつ複雑な情報処理が要求されるため、 ServAirを導入し、効率的なサービス業務の遂行を実現できました。

業種

制御・計測機器の販売、保守サービス、電気計装工事、トータルソリューションの展開およびエンジニアリング事業

導入ライセンス

選定理由

  • アフターサービス業務のノウハウが凝縮された最適なビジネスモデル
  • 導入コスト低減と短納期導入の実現
  • 環境変化に柔軟に対応できるシステム基盤

導入後の効果

  • YOKOGAWAのサービス部門、サービス代理店の約2,500名で利用しています。コール受付、サービスマンの要員アサイン、作業履歴確認や作業報告、客先での電子サイン受領などのフィールドサービスの機能を利用しペーパーレス運用をしています。
  • お客様工場や機器が設置されている現場がネットワーク通信の制限がある場合には、Excel入出力機能(アドオン)にてオフラインで作業報告を入力し対応しています。
  • 作業報告にて蓄積された、修理内容、使用部品、原価など様々なデータから、各種サービスの作業分析を実施し、サービス業務の改善に努めています。サービスマンについては、通常業務の流れで作業報告入力を行うのみとなり、修理業務に、より注力できるようになりました。
  • 営業担当者にてお客様毎の納入品情報や、サービス利用実績を確認できるため、次年度の年間保守契約のスムーズな提案に活用しています。
  • ServAirから、各種製品開発の品質保証管理システムに自動でデータを送信。故障頻度の高い製品などの分析を行い、製品へのフィードバックも実現しています。

 

導入事例インタビュー

将来的には、部分最適化されているシステムをServAirに統合していきたい。

横河ソリューションサービス株式会社

コーポレート本部
開発センター センター長

小田原 清喜

YOKOGAWAの保守サービスは、自社が販売した計測機器、制御機器、コンピュータ、消耗品を基本として、他社品も含めてサービスを提供しています。またグローバルに展開するレスポンスセンターがサービス拠点、サービスエンジニアと共に、お客様のあらゆる問題に24時間365日体制で迅速に対応する仕組みを持っています。

これらの業務をサポートするシステムを継続して維持・運用していくことが非常に重要となりますが、YOKOGAWAのサービス業務は多岐にわたるため、やむをえず個々の部署で個別システムにて対応しているところも一部あります。

今回の導入では、ファーストステップとしてServAirのフィールドサービスを導入し、サービスエンジニアが使用する部分にまず適用を行いました。自社サービスエンジニア、代理店のサービスエンジニアの約2,500名で利用をしています。自社開発の製品ということもあり、導入については非常にスムーズでした。
次フェーズでは、保守契約管理システムや見積支援などの営業業務で使用する部分の導入を予定しています。将来的には、部分最適化されているシステムをServAirに順次統合していきたいと思います。

ServAirは、YOKOGAWAのサービス業務に対する知見とノウハウが詰まったサービスシステムに、さらに他社サービス業務のノウハウを入れてパッケージ化されたシステムです。自社業務にマッチすることはもちろんなのですが、他社から得られたノウハウについても享受しながら、再びServAirにフィードバックしていけたらと考えています。

ページのトップへ戻る