ServAir

お問い合わせ

導入事例│株式会社SCREEN SPE サービス様

株式会社SCREEN SPE サービス様 SCREEN SPE Service Co., Ltd.

システム導入による業務効率化により、売上処理件数が昨年比20%増にもかかわらず、残業60%削減を実現

米中間の貿易摩擦を発端に、COVID-19による新しい生活様式の拡大や、グローバルサプライチェーンの混乱などに起因した世界的な半導体不足により、半導体関連市場は大きく伸長しています。株式会社SCREEN SPE サービスでは、SCREENグループの国内における半導体製造装置のサービス会社として、半導体製造装置のセットアップ・メンテナンス・改造サービスからオリジナル周辺機器の開発・販売まで、幅広い事業を展開し、半導体メーカーの技術パートナーとして、未来をつくるキーデバイスの製造現場を支えています。
このたび、導入後13年を超えた基幹システムの陳腐化に伴い、基幹業務を含むオールインワンパッケージであるServAir導入により、大幅な業務効率アップを実現されました。

導入ライセンス

選定理由

  • 単なるSIerではなく、自社でもServAirを使用されており、フィールドサービス業務に必要なエッセンスが盛り込まれている
  • 事前の業務整理で自社業務の80%をServAirで処理可能だと把握できたこと
  • 各モジュールが充実しており、引取修理や保守契約への展開が可能
  • サービス業務だけではなく、基幹業務を含むオールインワン型パッケージであること
  • 外資系パッケージにはできない、納入品管理の仕組みがある

導入前の課題

  • 導入後13年を超えた基幹システムの陳腐化
  • スクラッチ開発による機能性維持の困難
  • 多要素認証、冗長化、IEのみに対応といった昨今のセキュリティ要件を満たしていない
  • 会社の規模拡大や、直販化による、業務プロセスの煩雑化
  • 業務上必要となる承認行為が実施されておらず、全社ガバナンスに問題を抱えていた

導入後の効果

  • 売上件数20%増加にもかかわらず、残業を大幅に削減(2022年4~7月:60%減 (前年同月比))
  • 各承認手続きが業務プロセス内で漏れなく実行されることによる、ガバナンス強化
  • 基幹システムで業務を遂行することで、ローカルExcelや情報の分散を回避
  • 新業務フローをベースとした業務処理により、全社の業務統一
  • 旧来のローカルルールをあぶり出し、あるべき姿へ是正
  • ユーザー担当者の業務改善への意識変革、定着化
  • データ連携等により、データ集計や報告の迅速化

導入事例インタビュー

直販の修理業務がメインとなり、既存システムが追従していない

(株)SCREEN SPE サービス

業務部 部長
兼 IT推進課 課長
プロジェクト責任者

酒井 俊之 様



当社では、もともとスクラッチで構築したシステムを13年間使用していました。当時は、親会社経由のサービス業務をメインに対応しており、グループ間取引に適合した基幹システムとなっていました。

10年ほど前から、直販での修理業務も行うようになり、サービス委託会社から、徐々に独立性を高めるというビジネスモデルの変更もあり、会社規模も拡大していきました。サービスに関わる人員も増え、既存システムでは会社規模に追従しておらず、業務範囲がカバーできていないところがありました。システムには結果だけを入力する、数字が合っていることを確認して月末処理を行うといった状況でした。




ページのトップへ戻る