ServAir

お問い合わせ

導入効果 | サービスエンジニア

ServAir活用例をご紹介いたします

サービスエンジニア

 

サービスエンジニアの作業領域については、まだまだシステム化されていないところが多く、「作業報告書は紙のみで管理されているため、過去の対応履歴が検索ができない」 、また、「客先では手書きの報告書を作成し帰社してからシステムに打ち込み作業を行う」など、情報の収集や更新に時間がかかり、そこに人手不足も加わり、高負荷となっているケースは、珍しくありません。

 

 

エンジニア業務を効率よく

ServAir導入により、サービスエンジニアがスマートフォン・タブレット端末を利用し、外出先からもコール受付内容や、保守契約内容、過去の修理実績などを現場でリアルタイムに確認することができます。また、事前に使用が想定される部品の引当・確保、使用する機材の予約、手順書の事前確認等を行うことができます。

作業終了後は、ノートPCやモバイルから、故障原因や作業内容、使用部品の入力、担当者別作業時間などを入力できますので、オフィスに戻ってから二重入力する必要がありません。

また、現場でお客様の完了承認のエビデンスとなる電子サインを受領することもできます。電子サインは、ServAirのDBに保管されるため、作業報告書にそのまま印字するこができます。作業報告書は、ワークフローを介して上長から電子承認を受けることができます。

 

 

エンジニアの”働き方改革”

ServAir導入により、常に鮮度のよい情報にアクセスすることができますので、事前準備や修理作業・修理報告まで、エンジニアの業務を効率よく進めていくことができます。

作業報告のデータを蓄積・分析を行っていくことで、さらなる効率化アップや業務品質の改善も検討していくことができます。エンジニアの残業時間も減り、働き方改革を進めていくことができます。


ページのトップへ戻る