ServAir

お問い合わせ

導入効果 | サービスマネージャー

ServAir活用例をご紹介いたします

サービスマネージャー

 

企業の規模やサービス業務量により、サービスマネージャーの役割は多岐にわたります。ServAirでは、「誰がこの製品を修理できるのか?」、「必要な修理部品は何か?」、「点検計画と合わせてエンジニアのスケジューリングをしたい」といったサービス責任者の頭の中で処理されていた業務をシステムでサポート致します。

サービス管理業務を強力にサポート

ServAirでは、製品、スキル、対応組織など、様々な切り口でエンジニアを検索することができます。ServAirでは、故障修理だけでなく、点検や引取修理の情報も管理できますので、点検計画などと合わせたエンジニアのスケジューリングや、サービス代理店への要員アサインも可能です。

また、サービスに関わる情報がServAirに一元管理されるため、サービスマネージャー、エンジニアなど、修理に関わる情報をメンバー全員で共有するため、業務効率が大幅に改善されエンジニアの生産性が向上します。

 

 

エンジニアの生産性を向上

ServAir導入により、分散化・属人化していたサービス情報を統合的に管理することができ、新たな課題の発見と解決の促進を実現します。また、技術者の稼働率を向上させるだけではなく、ノウハウの継承、人依存、後継者問題といった課題を解決します。ServAir導入のお客様の多くはこれらの取り組みにより、エン二ジアの稼働率向上、保守契約率のアップにつながっています。


ページのトップへ戻る